2024/3/3 泉南地区親善大会 がんばれ熊取!!

技術指導について(作成中)

 動画で学ぶ卓球教室“Shakehands”の平岡理論に沿った形での指導を取り入れています。『ラケットの芯に当てない』『体重移動しながら打たない』などよく聞く卓球理論とは異なりますが、正しく理解すれば理にかなった“上達の近道”であることが分かります。(ちなみに打球の際、片足を前に出すのは“踏み込め詐欺”で注意が必要とのことです(笑))
 概略は次の通りですが、小学生に説明する上で分かりやすいように独自の解釈を加えています。正しくは “Shakehands” のプレミアム会員サイト(有料です)をご参照下さい。

AA理論

Acute Angle
<鋭角によるボールの捉え方>




〘動画〙
Coming soon

  • ボールの軌道に対して直角にラケットを当てて弾く打法は、ボールの操作性がよくありません
  • 斜めに当ててラバーの引っ掛かりを利用して飛ばす感覚が大切です
  • 回転の影響を受けにくいため、上回転・下回転で打ち方を変える必要はほぼありません
  • ドライブ、ツッツキ、カット、サーブなどすべての技術の基本となります

BB理論 

Bending Body
体幹を使った力強い打球>

〘動画〙
Coming soon

CC理論

Comfortable Catch
<最適な打球点>

この場合、ラケットの下半分は操作性が良く、上半分はオーバーミスの原因となります。
また、オーバーミスの原因を“ラケット面の角度”と誤認するとさらなる悪循環に陥ります。
  • ラケットの中心(スイートスポット)で打球するようによく言われますが、それがミスの原因となりえます。
  • スイング時に、腕は回内運動(手のひらが下を向く)または回外運動(手のひらが上を向く)を行います。
  • その時、ラケットの“上”半分と“下”半分ではボールに対する力の加え方は反対になります。
  • したがって、“上”と“下”を使い分けて打球することが安定した返球に直結するといえます。
  • 最適な打球点は
    ◆ドライブ・・・ラケットの“下”
    ◆ツッツキ、カット・・・ 〃 “上”
    となります。

DD理論

Deal with Dropping ball
<落下中に打つ>

〘動画〙
Coming soon

EE理論

Effective Elbow
<肘の使い方>

〘動画〙
Coming soon

FF理論

Freehand Function
<フリーハンドの役割>

〘動画〙
Coming soon

GG理論

Global Grip
<高速プレーに適したグリップ>

〘動画〙
Coming soon

KK理論

Kabuki knock
<床からの反力を利用する>

〘動画〙
Coming soon

SS理論

Scapula Scope
<肩の可動域を使い強力に打球>

〘動画〙
Coming soon

  • よく回転を掛けるコツとして“ボールを薄く捉える”といわれます。それでは威力も回転も強くなりません。
  • 大切なのは前腕や手首でなく、“肩甲骨を稼働”させて厚く捉えることです。
  • 初期設定として打球後にラケットを“右耳”まで振り抜くことを意識すると肩が回り打球が安定します。(フォア、バック、ドライブ、カット、ツッツキ問わずです)※右利きの場合

TT理論

Twin Twist
<右足軸打法と左足軸打法>

〘動画〙
Coming soon

UU理論

Unlock Update
<対応力が高まる体の使い方>

〘動画〙
Coming soon

WW理論

Winner’s Wrist
<勝者の手首>

〘動画〙
Coming soon

You cannot copy content of this page